Board Member

船橋力
Asian Leaders Connecting Hub. CEO 兼
文部科学省 官民協働海外留学創出プロジェクト
トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター
プラットフォーム代表
1970年、神奈川県横浜市生まれ。上智大学卒業後、伊藤忠商事株式会社に入社し、アジアで空港・地下鉄等のインフラプロジェクトに携わる。2000年に株式会社ウィル・シードを設立し、350社を超える企業および60の自治体、600の学校に体験型の教育プログラムを提供。2009年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出。2011年以降にTABLE FOR TWO International理事、MORIUMIUS理事、BEYOND TOMORROW共同代表理事等を歴任。2014年、日本のグローバル人材の育成を目的とした官民協働留学創出プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」のプロジェクトディレクターに就任。2019年Asian Leaders Connecting Hubを設立、CEOに就任。

地方と世界を繋ぎ、「世界はとんでもなく広くワクワクだ、無限の可能性を試していいんだよ!」とすべての子達に伝えたい。

大谷真樹

インフィニティ国際学院

学院長

幹事長

1961年、青森県八戸市生まれ。学習院大学経済学部卒業。NEC勤務を経て、株式会社インフォプラント(現 株式会社マクロミル)を創業。2001年に起業家のアカデミー賞といわれる『アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・スタートアップ部門優秀賞』を受賞。2008年に八戸大学客員教授、2010年に八戸大学・八戸短期大学総合研究所所長教授、2011年に八戸大学学長補佐、2012年から2018年3月まで八戸学院大学学長を務めた。社会人講座「起業家養成講座」の主任講師も務め、数多くの起業家を輩出している。
2019年インフィニティ国際学院を開校し、10年後の世界を変えるリーダー育成に注力している。

日本の地域は高齢化未来社会の箱庭の様なもの。そこで学びつつそれをもって世界へ。地域と全ての世界に繋がる窓口の様なものに、この寺子屋がなればと思っています。

水谷智之

地域・教育魅力化プラットフォーム

代表理事

ボードメンバー

1988年慶応義塾大学卒業後、㈱リクルート入社。「リクナビNEXT」の立ち上げののち、2007年㈱リクルートHRマーケティング代表取締役、2012年㈱リクルートキャリア初代代表取締役社長に就任。2007年からは社会企業育成にも取り組み「社会イノベーター公志園」の立ち上げ・運営に携わる。2016年3月末にリクルートを退任。子供が減り続ける地方の公立高校再生を手掛け、2017年に一般社団法人地域・教育魅力化プラットフォームを島根に設立。都会からの留学生を受け入れる「地域みらい留学」は北海道から沖縄まで60校に広がり、3000人を動員する。

宮城治男

NPO法人ETIC.

代表理事

ボードメンバー

徳島県生まれ。1993年、早稲田大学在学中に、学生起業家の全国ネットワーク「ETIC.学生アントレプレナー連絡会議」を創設。2000年にNPO法人化、代表理事に就任。01年、「ETIC.ソーシャルベンチャーセンター」を設立し、社会起業家育成のための支援をスタート。02年より日本初のソーシャルベンチャー向けビジネスプランコンテスト「STYLE」を開催するなど、社会起業家の育成、輩出に精力的に取り組む。04年からは、地域における人材育成支援のチャレンジ・コミュニティ・プロジェクトを開始、50地域に展開を広げる。11年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出。

住む場所や家庭の事情に関係なく、

子供達に多様な知識だけでなく多様な考え方や生き方を学び、多くの選択肢を得る世界を。

須永珠代

会長兼ファウンダー

ボードメンバー

2012年4月に株式会社トラストバンクを設立し、 同年9月、ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を立ち上げる。 翌年、ふるさと納税のクラウドファンディングである「ガバメントクラウドファンディング®(GCF)」や「災害時の資金調達」など、地域を支援する様々な事業を手掛ける。『ふるさとチョイス』月間ページビュー(PV)数は2億PV(2019年12月)を超え、年間流通寄附金額は約2000億円となり、ふるさと納税No.1サイト ビジョンである「自立した持続可能な地域をつくる」を実現するためにお金を地域外から地域内へ移動し、地域内循環させ、地域内から地域外の流出を防ぐため様々な新規事業を手掛ける。 日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2016」大賞を受賞。 

寺子屋は、江戸時代に日本が世界最高の教育水準を実現する鍵でした。そこでは一斉講義ではなく、師匠が一人一人の学びを個別指導し(コーチング)、年齢の異なる子どもたちが学び合うことを支え(ファシリテーション)ていました。21世紀の今、地域の学習力を高め、学びの喜びを広げる取り組みに僕も全面的に力を注ぎたいと思います。

​本間正人

京都芸術大学

副学長

ボードメンバー

「教育学」を超える「学習学」の提唱者であり、「楽しくて、即、役に立つ」参加型研修の講師としてアクティブ・ラーニングを25年以上実践し、「研修講師塾」を主宰する。京都芸術大学教授・副学長、NPO学習学協会代表理事、NPOハロードリーム実行委員会理事。東京大学文学部社会学科卒業、ミネソタ大学大学院修了(成人教育学 Ph.D.)。ミネソタ州政府貿易局、松下政経塾研究主担当、NHK教育テレビでビジネス英語の講師などを歴任。コーチングやポジティブ組織開発、ほめ言葉などの著書77冊。

子供達、志ある大人達と共に地方発

で新たな学び場、学び方を創って

いきたい!

山口文洋

株式会社リクルート

​執行役員

ボードメンバー

1978年生まれ、2000年慶応義塾大学卒、2006年、リクルート(現・株式会社リクルートホールディングス)入社。進学事業本部の事業戦略・統括を担当し、2011年の新規事業プランコンテスト「New RING」でグランプリを受賞し、「受験サプリ(=現スタディサプリ)」を立ち上げる。2012年10月にリクルートマーケティングパートナーズの執行役員に就任。2015年4月、リクルートホールディングス執行役員およびリクルートマーケティングパートナーズ代表取締役社長に就任。2019年4月、リクルート執行役員 教育・学習事業担当に就任。

どこに住んでいても、自分がどう在りたいか、どう学びたいかを実現できる世界を、想いを分かち合える皆さんと実現していきたいです!

​嶋本勇介

tomonasu 合同会社

代表社員

事務局長

幼い頃から教員になることを目指す中、大学時代の塾講師のアルバイト中に「勉強はできるけれど、自分のやりたいことが見つからない」生徒に出会う。教員だけでなく、様々な人生を経験してきた大人が教育に関わる必要性を感じ、教員にならない教育の道を志すように。学校の外からビジネス・仕組みづくりの観点で教育に関わることを決意し、4年間デロイトトーマツコンサルティング合同会社で経営コンサルタントとして勤務。大手電機メーカーの全社改革や新規事業開発等のコンサルティング経験を経て、2019年に札幌へUターン。tomonasu合同会社を創業。